« 今日の出来事 | トップページ | 携帯電話チェンジ! »

2007年3月11日 (日)

品質工学とFMEA

先日からFMEAと品質工学のコラボレートが実現しないかマジで検討中。

~~風呂に入りながら思考中~~

ちょっとわかったかも!?

FMEAのRI(Risk Index)も、品質工学の損失や品質管理費も根底は同じ。

FMEAは、このグラフの考え方。

品質工学は、×の線が、右肩上がりが工程管理費、下がりが異常(不良)発生率になる。
その2つの線を加算したものがトータルとしての損失

しかし、FMEAはRIが2以下(4点法)ならOKで終わりである点。

ここで疑問が発生する。グラフ上、RIが2付近が一番製造原価と設備関係費がバランスすることになっているが、RIが小さいことには言及していない。

RI<1.7になると、製造原価が大きくなり、トータルのコストは上がる。とグラフは示している。

仮に、FMEAを作成し、すべての不良モードでRIが1.7(仮のしきい値)以下で初期対策ができてしまっている場合は、過剰品質であると考えるがいかがだろうか?

と、言うことで初期対策を実施したときRIは、追加対策でRIをすべて2付近(たとえば1.7~2.3とか)にする必要があると思う。

で、そのときの最適診断間隔と損失を計算するのが品質工学。対策実施後に計算した損失を追加対策のRIの代わりに損失金額で提示する。

そうすれば、上司に報告する段階でわかりにくいRIの概念が、わかりやすい金額になっているから、対策(カイゼン)に対するアピール度も大きいかと。

FMEAの対策を品質工学でバランスさせてあげれば、高い品質を安いコストで量産初期段階から生産できると思うのだが。

どうだろう?


« 今日の出来事 | トップページ | 携帯電話チェンジ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106635/14218785

この記事へのトラックバック一覧です: 品質工学とFMEA:

» バンプ オブ チキンの伝説の序章 [バンプ オブ チキン神話伝説]
バンプオブチキンの神話伝説が始まった。 涙のふるさとを引っさげ、音楽界に今、新しい伝説が・・・ [続きを読む]

« 今日の出来事 | トップページ | 携帯電話チェンジ! »