« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

春です。

春です。
道端でこんな風景を発見です。
生活感たっぷりです。

ケータイWatch 本日の一品

リンク: ケータイWatch 本日の一品.

2002年の記事。コレいいなぁ。
このモバイル具合がたまらない。

仕事中にデスクの上を走っていると・・・・

癒されるかも(笑)

2007年3月25日 (日)

さっきのログイン

どうも、ココログが勝手にバージョンアップをした模様。

おかげさまで、いつものところから入れなくなっていた。

あー、びっくりした。

blogサービス[ココログ]:@nifty

リンク: blogサービス[ココログ]:@nifty.

ブログが編集できません!!

ニフティさん!、ちゃんとして!

洗車

洗車
このくらい写りこむまで磨けば、どうでしょう?

雨上がり。

雨上がり。
昨日からの雨が上がったので、クルマを洗いました。
白は大変です。
疲れました。

2007年3月19日 (月)

携帯電話チェンジ!

アクセス解析って面白いと思う。

日々、仕事で工程のデータを見ているのと同じ。

何か訴えかけてるような気が・・・

・・・・検索ワードのランキングを見ると・・・・・

      「FMEA」

ばっかりじゃん(汗)

FMEAの情報クレ!って言うことか?

それだけは、多変量解析しなくても分かる気がするなぁ(笑)

もしかして、ここでMTシステムを使うと、

今これを見ているあなた!

が、誰か分かっちゃうかも?


そりゃないか(爆)


-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-O-


で、携帯電話チェンジの話。

これに変えました。
Dvc000732




M702isです。いわゆるMotoRazr。

早速インプレ。

最高にカッコいいこの形。ちょっと日本製にはないこのセンス。
世界中の人が持ってる形ッスよ。
そして、パカッと開けたときのコレ。
Dvc000742








キーパッドがシートでステン。SUSですよ。
しかも青く光る。

もう、最高にクールなんじゃないの?

でも、UI(ユーザーインターフェース)もインターナショナル、
製品のクオリティもインターナショナルな感じ。

操作方法なんて、まったく違うもんね。

ちょっと着信音じゃないところイジッたら、メールの着信音鳴らなくなっちゃったよ。

SHからPに変えたとか、そういう次元じゃないね。

一番の必殺が、FOMAのアダプタがダイレクトに刺さらない。

コレに尽きる。

最後に利用可能ネットワークに、

SoftBank


ですって!?

なんだろ?

2007年3月11日 (日)

品質工学とFMEA

先日からFMEAと品質工学のコラボレートが実現しないかマジで検討中。

~~風呂に入りながら思考中~~

ちょっとわかったかも!?

FMEAのRI(Risk Index)も、品質工学の損失や品質管理費も根底は同じ。

FMEAは、このグラフの考え方。

品質工学は、×の線が、右肩上がりが工程管理費、下がりが異常(不良)発生率になる。
その2つの線を加算したものがトータルとしての損失

しかし、FMEAはRIが2以下(4点法)ならOKで終わりである点。

ここで疑問が発生する。グラフ上、RIが2付近が一番製造原価と設備関係費がバランスすることになっているが、RIが小さいことには言及していない。

RI<1.7になると、製造原価が大きくなり、トータルのコストは上がる。とグラフは示している。

仮に、FMEAを作成し、すべての不良モードでRIが1.7(仮のしきい値)以下で初期対策ができてしまっている場合は、過剰品質であると考えるがいかがだろうか?

と、言うことで初期対策を実施したときRIは、追加対策でRIをすべて2付近(たとえば1.7~2.3とか)にする必要があると思う。

で、そのときの最適診断間隔と損失を計算するのが品質工学。対策実施後に計算した損失を追加対策のRIの代わりに損失金額で提示する。

そうすれば、上司に報告する段階でわかりにくいRIの概念が、わかりやすい金額になっているから、対策(カイゼン)に対するアピール度も大きいかと。

FMEAの対策を品質工学でバランスさせてあげれば、高い品質を安いコストで量産初期段階から生産できると思うのだが。

どうだろう?


2007年3月 6日 (火)

今日の出来事

1.ブログは、写真がないとつまらないらしいことが判明。

2.3ヶ月も更新をサボると誰も見に来なくなることが判明。

3.久しぶりに客観説TQMに行ったら、「なるほど禁煙法」があった。

4.「なるほど禁煙法」を読んだら、なるほどぉぉぉ~と感じた。

5.と、言うことで、早速感化されて本日20時より意図的に喫煙を控えている。

6.HPのとおりであることに感動中。

7.したがって30秒我慢している。

8.そういえば、「マトリックスFMEA」なる新型が発表された模様。

9.鵜沼学説進化中。

10.そのまま、品質工学と融合しないかなぁとちょっと期待。

2007年3月 5日 (月)

オンライン品質工学

ずーっと更新していなかったが、久しぶりに検索ワードを見ると、やっぱり

「FMEA」

よっぽど世の中の人は、FMEAがお好きなようで(笑)

それを見て思いついたのが、

FMEAとオンライン品質工学のコラボレート

FMEAって点数つけて対策するんだけど、
点数つけるときにオンライン品質工学の損失関数を使って計算する。
その損失金額の大きい順に対策する。

対策するかしないかのしきい値が決まってないなぁ(汗)

不良になったときの損失の10%まで対策するとかは?

適当でいいっか(爆)

FMEAで検索してここに来た人で興味を持った人はやって見て。

さっそく明日、会社でやってみっか?

アリな様な気がするんだよなぁ・・・

2007年3月 4日 (日)

スローライフ

スローライフ
そろそろ暖かくなって来たし、チャリの季節ですよ〜!
ビアンキ+トレーラーはけっこう恥ずかしいなぁ(汗)


っつーか、そこの車の運転手!

後ろ振り向きすぎ(笑)

危ないですよ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »