« いろいろ連動 | トップページ

2010年7月20日 (火)

覚え書き:商人の道

この文章に感銘した。
忘れないようにここにペーストしておきます。

「商人の道」

農民は連帯感に生きる

商人は孤独を生甲斐にしなければならぬ 

總べては競争者である

農民は安定を求める

商人は不安定こそ利潤の源泉として

喜ばねばならぬ 

農民は安全を欲する

商人は冒険を望まねばならぬ

絶えず危険な世界を求めそこに

飛込まぬ商人は利子生活者であり

隠居であるにすぎぬ

農民は土着を喜ぶ 

大地に根を深くおろそうとする

商人は何処からでも養分を吸い上げ

られる浮草でなければならぬ

その故郷は住む所すべてである 

自分の墓所はこの全世界である

先祖伝来の土地などと云う商人は

一刻も早く算盤を捨てて鍬を取るべきである

石橋をたたいて歩いてはならぬ

人の作った道を用心して通るのは

女子供と老人の仕事である

我が歩む処そのものが道である

他人の道は自分の道でないと云う事が

商人の道である

« いろいろ連動 | トップページ