2007年4月15日 (日)

Xtracycle Hitchless Bicycle Trailers and Sport Utility Bicycles

リンク: Xtracycle Hitchless Bicycle Trailers and Sport Utility Bicycles.

これ、いいらぁ。
かなりCool!

2006年5月20日 (土)

第45回静岡ホビーショー

リンク: 第45回静岡ホビーショー.

今年もなんだかんだ言って、ホビーショーに行って来た。
なんだかんだというのは、ただ自分のやる気。
人が多いので、結構面倒くさいのである。

毎年クルマを停める所で悩む。
今年もハズシてハズシてとある駐車場に停めたのだが、よくよく見ると、

ツインメッセの駐車場が「空車」

やられた。
去年は、駐車場が大混雑だったので皆、ウラをかきすぎているか!?

以下、今年の感想を少し。
全体的に業界の苦しさがにじみ出ている感じを受けた。

まずはメジャーブースから
田宮模型
ミニ四駆に未だ頼るしかない苦しさが・・・ラジコンもD1はヨコモに持っていかれてしまったし・・・
バンダイ
ガンプラが全て。多色成型の技術はスゴイが、最近の小僧はプラモデルを作るのか!?
なんか去年はあったのに今年は無いメーカーがちらほら。

KATO
鉄道模型に進化が。単線のレイアウトに3編成同時走行。最近の鉄道模型をよく知らないが、どうもデジタル制御をしているらしい。・・・ちょっとググったら、DCC(デジタル コマンド コントロール)というものの様である。

次にマイナー(大人の)ブース。
2足歩行ロボットが増殖中。やたらに2足歩行である。
フタバ、サンワ、JR、Hitecなどの遠隔制御機器メーカはとりあえずコレ。しかも年々進化しており、今年は動作のスピードアップが感じられた。
まぁ、陸モノ以外のラジコンは元々マーケットが小さいので皆それぞれ独自路線を追求中。空モノは初心者向けが増えてきた。マニア向けはそもそも組合に加盟しているメーカーが少ないのでホビーショーではあまり情報が得られない。

そんなことより、一番楽しかったのが陸上自衛隊車両展示。
なんてったって、もうさわり放題(笑)。皆さん好き勝手やってました。
さわっても壊れるモノじゃないのだが(壊れたら困る)。

周りに本物の自衛官が警備しているのだが、コレがなんかどう見てもコスプレしている兄ちゃんにしか見えない(爆笑)。
写真を撮りたいので一緒に写って下さい。って言うとすごい照れくさそうである。

また隊員に色々伺ってみた。
・最高速度はどれ位ですか?
「普通に高速道路を走れます」
・乗り心地は?
「想像している以上に悪くないです」
・タイヤは特殊(防弾)なものですか?
「普通の空気が入っているタイヤです。でもパンクしても走れます」
コレって特殊じゃないの?ランフラットタイヤか?

ちょっとディープなところで、
・装甲厚は?
「お答えできません」
・何cmの弾までなら大丈夫ですか?
「だから、そういう部分にはお答えできません」
ココは、機密事項らしい。

最後に、
・危ない人(かなりマニアックな人)って来ます?
「時々来ますね(笑)」
絶対、隊員よりもマニアな人(隊員はマニアじゃないか)がディープな質問をするんだろうなぁ。

今日は、コスプレ兄ちゃん(隊員の方ごめんなさい)の写真を。

Dvc00010

2006年2月19日 (日)

今日の天気

今日の天気はいいじゃないっスか。
風もなく天気予報を見てもOK!
3ヶ月ぶりにRC飛行機を飛ばしに行ってきます。
飛ばしに行って、飛行機が逝かないように注意しないと(笑)

2006年2月17日 (金)

FlashMX2004

 昨日から体調不良(風邪か?)でDown。昨日の更新できず。今日も午前中は会社へ行ったが、半日で帰宅した。家で半日寝たらちょっと回復。今日は更新する(847さんには負けまへんでー)。

 先日上司のCabinさんからMacromediaのFLASHMX2004をもらった。違法コピーではない。早速ウチの現在最速サブノートに導入した。更新もサブノート、iPodもサブノートってサブノートがメインマシンじゃんと突っ込まれそう(汗)。
 導入してからあまりさわっている時間がなく放置プレイになっていたが、今日は幸か不幸か半休でちょっと時間が取れたのでさわってみた。
 ベクトル系のグラフィックは、苦手意識が強い。過去にAdobeのイラストレータをさわったことがあるが、あえなく挫折した経験がある。
 率直な感想としては、まぁ、間口は広いかぁ?って感じである。10分ほどでちょっとしたアニメーションはできた。
「test1.swf」をダウンロード
Flash Playerのない方は、適当にDLしてください。
こんな感じのヤツならすぐできる。でもやっぱりこの手のソフトは、センスだなって感じがする。
で、この手のソフトを使いだすと、ペンタブレットがほしくなったりする。まぁ、ふつうサブノートについている赤いポッチでは書けない。またこんな環境増田技術事務所さんスミマセン)もほしくなったり。っつーか、サブノートでそんなことやるなよ!って言われそうである。

 あと、このFlashをなんとか仕事に結び付けられないか現在思案中である。うまく結びつくとなぁー、経費でセミナー行けるんだけどなーと思うこの頃。
「作業指示書をFlashで作る」
うーん、いいと思うんだけど、うちの会社じゃ10年は先行っちゃってるなぁ。
っつーか、今どき紙でやってるようじゃダサいと思う。
 

2005年9月25日 (日)

チャイルドトレーラー購入顛末記

先日チャイルドトレーラーなるものを購入しました。この怪しげな乗り物の顛末記を書きたいと思います。まだ写真の準備はできていませんが、近日公開します。チャイルドトレーラーとは、自転車に連結するベビーカー(ただし2人のり)みたいな物です。我が家は、わりとスーパーとかが近く、カミさんと、「自転車があると便利だね」という話になったとき、子供2人をどうやって自転車に乗せるか?という話になりました。自転車の前後に子供を乗せたパワフルかあちゃんもアリでしたが、転倒時の危険性がありました。そのときネットでググったところ上記のものが出てきて、「これいいジャン」と思っていました。ただアメリカの方でメジャーらしくとてもこの辺の田舎には売ってなさそうで、どうやって購入するか?がテーマでした。しかしチャンスはいきなりやってくるもので、たまたま弟の結婚式にグアムに行くことになりました。ということは、チャイルドトレーラー=アメリカで売っている、グアム=アメリカ合衆国の準州である の連立方程式(?)浮かび、これを解くとチャイルドトレーラーはグアムで売っている?という仮説が成り立ち、カミさんと「売っているといいね」という話になりました。ただCHARIOTTのトレーラーは、400ドル位の売価だったので、高くて買えないかなと思っていました。 
−続く